滝汗

滝のように流れる滝汗(多汗症)は、
日本人の7人に1人が感じている、
症状といわれます。

大きく分けて、
全身性多汗症と
限局性多汗症、
の2種類があります。

全身性多汗症の場合は、
専門機関で受診することです。
考えられるものとしては、
・甲状腺疾患
・糖尿病神経障害
・褐色細胞腫
・自律神経失調症
・更年期障害
があります。

一方、
限局性多汗症は、
身体の特定の部位に、
大量の汗をかく症状です。

汗腺が集中した、
手のひらや足裏・腋・顔・頭などです。


精神的なところからくる多汗症と、
何らかの病気によって起こる多汗症とでは、
原因が違います。


・規則正しい生活
・食生活を見直し、
  大豆製品やハーブ、カリウムを含んだ、
 野菜の摂取が効果的です。
・タバコを控える
などで改善効果があります。


多汗症は、
放置していると悪化してしまうので、
病院で治療を行うことによって、
改善されると言われています。